太陽が壊れたら

Pocket

 太陽が壊れたら、太陽系は終わると思う?
太陽が壊れるなんて表現、まるで太陽を機械的に捉えてるみたいじゃない?

 人みたいに太陽が生きてるとする。
人は壊れたって言い方、そんなにしないと思うけど、そんな言い方がされない訳じゃない。
 「あいつは壊れた」、あるいはただ「壊れた」って言う時は、何かが面白おかしすぎて笑いが止まらなくなってる状態の人とかを指してる事が多いと思う。
 じゃ太陽が人みたいに生きてるなら、太陽が壊れたって表現は、太陽が笑い転げてる時に使うのが相応しいのかも。

 太陽が笑い転げてるなんて、また、太陽を何だと思ってるのか?

 まあ実際に習慣的な使い方なんてあまり意味がないものだけど。
仮に、ある時、太陽が凍りついたなら、そうなった時にまだ誰か生きてる奴がいたら、そいつは多分「我らの太陽は壊れた」て嘆くのかも。

 我らの太陽。
我らって誰まで含めた我らなのか?
正直、その我らに、僕が含まれてる可能性は非常に高い。
何せ、僕が太陽という時、あの太陽は地球生物の物だと、はっきりそう思ってる部分がある。

 我らの太陽。
少なくとも、ほんとにそうであったら嬉しい。
いつか遠い世界の誰かに会った時の事を想定するなら。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です